デンタルケア

自由診療(自費治療)

歯のアイコン

審美歯科

 

ホーム > 自由診療 > 審美歯科

審美歯科って何?

審美歯科とは、ただ単に見た目を白く美しい歯にするだけではなく、咬み合わせや歯並びのバランスを考えながら整えるという

ことが要求される、お口のトータルコーディネートのことをいいます。

当院では、特に審美歯科に注力していて、患者様が思う理想以上に美しい口元を作り出すことを目標として治療に取り組んで

います。

歯の健康は"身体の健康"をつくります

人間の身体は咬み合わせ1つで健康にも不健康にもなってしまいます。

顎の骨が歪むことや、姿勢が悪くなることもあります。歯の咬み合わせは誰一人として同じ形のものはなく、患者様一人一人に

よって違うものです。

治療に来られる患者様にはお口に合った審美・歯並び・咬み合わせの治療をさせて頂きます。状態によってはお口全体を整えて

いきますので、一緒に美しい口元を作り健康な身体を手に入れましょう。

審美歯科治療について

歯は意外に脆いということをご存知でしょうか。

歯には1本1本役割があり、それぞれの機能を果たすことで全体が機能するようになっています。

ですから、1本でも歯が無くなってしまうと咬み合わせが悪くなったり、隣の歯が傾いてきたりして全体のバランスが崩れてしまいます。
また、咬み合わせは歯が無くなってしまった場合のみならず、虫歯などの治療を行なった後にも悪くなってしまう場合があります。
この場合、被せ物が合っていなかったり、歯の溝の形が変わってしまったりといろんな原因が考えられます。

審美歯科のような大きく歯を削る可能性のある治療は、特に歯並び自体が変わってしまうことも考えられますので、当院では急な審美治療はあまりお勧めしておらず、咬み合わせや歯並びのバランス、患者様への負担を考えながら必要な時間をかけて、患者様の思う理想の口元をつくっていきたいと考えております。

審美治療の種類

セラミックインレー(セラミック製の詰め物)

セラミックでできた詰め物です。

虫歯治療時にできた穴などを埋める素材を、金属ではなくセラミックにすることで白く美しい見た目にします。

セラミック製なので金属が溶け出したりアレルギーになったりする心配もなく、大きく口を開けたときに見える銀歯が気になる方にオススメです。

費用       1歯 44,000円

治療期間・回数  1週間程度  2回程度 

​リスク      ごく稀に欠けたり壊れる可能性があります。

スマイルエステ1
セラミックインレー

オールセラミック(セラミック製の被せ物)

耐久性が高い、白く美しいセラミックでできた被せ物です。

変色せず、においも気になりません。金属アレルギーの心配もないので、

金属の被せ物(銀歯)に抵抗がある方には最適です。

費用      132,000円

治療期間・回数 2週間程度 3回程度(根管治療がない場合)

​リスク     ごく稀に欠けたり壊れる可能性があります。

セラミック製の歯
セラミック製の歯

メタルボンド(セラミックと金属でできた被せ物)

オールセラミックの内側を金属にしたもので、透明感はやや劣りますが非常に丈夫で長持ちします。奥歯のような力がかかる部分に最適です。

・ハイブリッド(セラミックにレンジをいれたもの

 費用          前歯部  88,000円

             小臼歯  99,000円

             大臼歯  110,000円  

 治療期間・回数     2週間程度 3回程度(根管治療がない場合)

​​ リスク       ごく稀に欠けたり壊れる可能性があります。

・セラミック

 費用           前歯部    110,000円

                           小臼歯  121,000円

            大臼歯  132,000円

   治療期間・回数    2週間程度 3回程度(根管治療がない場合)

​​ リスク      ごく稀に欠けたり壊れる可能性があります。

メタルボンドの歯
メタルボンドの歯
歯のアイコン

ホワイトニング

 

ホーム > 自由診療 > ホワイトニング

ホワイトニングについて

歯の色は元々真っ白ではなくわずかに黄ばんだ色をしていて、人によっては変色していることもあります。

黄ばんだり変色してしまった歯を、白くする方法としてホワイトニングという言葉を耳にすると思います。ホワイトニングとは審美歯科の一部で、特殊な薬剤を使用し、歯を削らずに歯を白くすることができる治療のことをいいます。治療方法は大きく分けるとオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があり、これら2つを併用するデュアルホワイトニングというものも

あります。当院では、歯の白さがより際立つホームホワイトニングを積極的に行なっております。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、その名の通りご自宅で簡単に出来るホワイトニング治療です。

しかしすべての工程をご自宅で出来るわけではありませんので、下記の治療の流れを参考にしてください。

1.検査※

お口の状態がホワイトニングに適しているか検査をします。

2.歯のクリーニング

ホワイトニングを行う前に歯の着色や歯石の除去を行い、ホワイトニング剤の浸透をよくすることで、より歯を白くします。

3.歯の型どり

ご自宅でのホワイトニング用に、患者様専用の型を作成します。

4.ホワイトニングキットのお渡し

後日歯の型から取ったマウスピースが出来上がりますので、薬剤等と一緒にお渡しいたします。

5.ご自宅での使用

ホワイトニングのタイミングは患者様のお好きな時に使用出来ますので、ご自宅でお好みの色に変わるまでご使用ください。

もし、薬剤が無くなった場合は別途でお渡し致しますので、お気軽にご来院ください。

ホワイトニングが適していない方

・授乳中の方

・知覚過敏のひどい方

・虫歯や歯周病の方

その他にもいくつかございますので、詳しくはお尋ね下さい。

ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

◇色が後戻りしにくい

◇歯に与えるダメージが少ない。

◇オフィスホワイトニングよりも安価。

◇自宅でのホワイトニングが可能。

◇思い通りの白さになるまで継続可能。

デメリット

◆白くなるまで時間がかかる

◆治療を自分で行うため、手間がかかる。

ホワイトニングにかかる費用と期間について

ホームホワイトニング

患者さんに合わせたマウスピース作成含めスターターキット

費用      33,000円

治療期間・回数 ご自宅で毎日装着 1ヶ月程度

歯のアイコン

入れ歯

 

ホーム > 自由診療 > 入れ歯

今の入れ歯に満足してますか?

現在使用されている入れ歯に満足していますか?
天然歯の大切さは失ってから分かるもので、入れ歯に対してよく咬めない、話しにくい、食べ物の味がわかりにくい、見た目が悪いなどというお声を良く聞きます。しかし歯科医療は日々進歩していて、入れ歯の他にも歯を失った部分の治療は、インプラントやブリッジなど咬み心地がよかったり、目立ちにくいといった快適なモノもあります。ただ、インプラントは手術をするので抵抗があって治療に踏み切れない、または治療できない方もまだまだ多いです。

そういった方に最適なのが入れ歯なのです。歯科医療の進歩に伴い、入れ歯の製作技術も向上しているので、これからもより快適に歯が失われた場合の治療法の1つとして使われ続けるでしょう。当院では入れ歯の制作に力を入れていて、患者さんのお口にピッタリ合った入れ歯をお作り致します。現在使用されている入れ歯がうまくフィットしなかったり、咬み合わせが悪い場合は一度ご相談下さい。お口に合った入れ歯をお作りします。

保険で作れる入れ歯

入れ歯を作るにあたって、国民健康保険などの保険を使うことができます。その場合、義歯床がプラスチックのものになり、自費のものと比べるとかなり質は落ちます。
しかも、プラスチックの総入れ歯は分厚いものが多く、安定した装着感が得られないものもあるので、装着に違和感があります。しかし安価で製作できる、修理がしやすいといったメリットもありますので、義歯を作製するにあたって、保険が適応するものがあるという認識があると治療の幅が広がります。

入れ歯とインプラントの違い

インプラントは失われた歯の代役としてとてもいい治療法であり、これからも発展していくべき技術ですが、手術をする必要があったり非常に高額であったりといったデメリットもあります。

歯の欠損治療にはインプラントが主流になってきているのですが、状態によっては義歯(入れ歯)で十分済むのに、インプラントをしている場合も多くみられます。
義歯はご年配の方がつけていられるイメージがあったりするので、若い方にはポジティブなイメージをお持ちでない方がいるかとは思われますが、義歯治療の技術も日々高まっているので、歯の欠損治療の1つとして欠かせない治療法として確立されているのです。義歯は製作工程が多く、患者様にも負担がかかってしまいますが、その分メリットも大きいのです。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

◇手入れが簡単。

◇手術をしなくて済む

◇保険が適応するものもある。

◇インプラントと比べ安価。

◇種類が豊富。

◇素材によっては金属アレルギーの心配が少ない。

デメリット

◆ブリッジなどと異なり口腔内に異物感を感じる事が 

​ あります。

入れ歯
入れ歯

入れ歯に関しては、特に手術をせずに着脱できるという点が大きなメリットです。

失ってしまった歯を取り戻す、という点では義歯もインプラントも同じですので、どちらかで悩まれている方はご遠慮なく租相談下さい。

それぞれの治療のメリット・デメリットを詳しくご説明させていただき、患者様ひとりひとりに合った治療法を提案させていただきます。

入れ歯作成にかかる費用と期間について

入れ歯

費用       275,000円

​治療期間・回数  2週間程度 3回程度(セット後2~3回調整が必要です。)