予防歯科

予防歯科

歯のアイコン

予防歯科

予防歯科の重要性

歯は一度削ってしまうと二度と元には戻りません。

虫歯を削り治療を終えても、歯磨きが不十分だったり、糖分を多く含んだ食べ物を多量に摂取してしまうと、再度虫歯になる可能性が高くなります。
虫歯と治療を繰り返せば繰り返すほど歯はどんどんと削られ、神経を取ることになり、最終的には抜歯しなければならない状態にまでなってしまいます。

一生涯使い続ける歯を守るには、虫歯を防ぎ、歯を削らない事が重要なのです。そのためには日々の虫歯予防が欠かせません。

レーザー治療

レーザー治療は患者様に優しい治療方法の1つで、特長として通常の治療と比べて痛みや不快感の少ないことが特徴です。患部にレーザーを照射して、虫歯の予防や顎関節症、知覚過敏や口内炎など幅広い治療が可能となっています。

ミュースタンス菌の除去
歯質の強化

日々のお手入れと定期的な通院を

虫歯の最大の原因は食事にあります。

砂糖を多く含む食べ物や、お菓子を減らし、きっちりとした時間に食事をとり、毎食後ちゃんと歯磨きをしていれば、ご家庭でのプラークコントロールは問題ありません。

しかし、ご自身での虫歯予防には限界がありますので、定期的に歯科医院での検診を受けて下さい。

歯科医院での予防の方法

ブラッシング指導

一番手軽で重要な方法は、患者様ご自身によるプラークコントロールです。
当院では、染めだし液を使用した磨き残しのチェック、患者様のお口の中の状態に合った歯磨きの方法や歯ブラシの選択、歯間ブラシやデンタルフロスの使用法の説明をします。

バイオフィルムや歯石の除去

バイオフィルムとはミュータンス菌を中心とした細菌の塊です。

このバイオフィルムは、強力なバリアで表面に膜が形成されているため、通常の歯磨きで除去することは不可能です。 また、歯石とは歯垢が唾液の成分により石灰化し、石のように固まっているものです。これも通常の歯磨きでは除去することはできず、専用の機械を使って除去するしかありません。

レーザー照射

レーザーの光を、虫歯になりやすい所に照射することにより歯の耐酸性が向上し、虫歯になりにくい歯をつくることができます。

定期健診(メンテナンス)

治療終了後、年に2~3回ほど定期検診を受けて頂きます。
それぞれのお口の状態に合った上記の処置を定期的に受けて頂くことにより、患者様のお口の健康を守ります。